年中行事

一休善哉の日 (1月最終日曜日)

一月一日生まれの一休禅師にちなみ毎年一月に行われる行事。
絵馬に今年一年の善きことをしるし祈祷奉納を行う。その後、善哉の接待を行います。

涅槃会 (3/15)

毎年3/15に、お寺では方丈に涅槃図を掲げお釈迦様がお亡くなりになられたことをしのんで法要を行います。涅槃図とはお釈迦様が中インドのクシナガラで病に倒れ、沙羅双樹のもとでその尊い生涯を終える場面を描いたものです。

灌仏会 (5月GW中)

4/8は灌仏会(花まつり)といいお釈迦様の誕生をお祝いする法要が行われます。
酬恩庵では少しでもお子様に参加してほしい思いから毎年GW中のいずれかの日に行っております。
総門に花御堂を出し甘茶の接待を行います。

akari no wa

akari no waは新緑のライトアップイベントです。お寺に関わる人と文化の発信を行っています。
一休寺の活動

曝涼 観音三十三身図公開 (8/15-16)

毎年8月15日・16日に、「観音三十三身図」の掛軸を方丈にかかげます。
これは江戸時代の絵師、原在中によるもので法華経の観世音菩薩普門品に説く、観音様が三十三身に変化する教えや功徳が、
具体的な場面をもって極彩色で描かれています。曝涼とは虫干しを意味します。

一休寺薪能 (9月中秋前後)

能の名人と謳われた金春禅竹や音阿弥は一休禅師を訪ねてこの薪の酬恩庵によく訪れていたといわれています。
禅師の深い教養と芸術的才能が禅の思想とともに能楽に深く影響し禅師自身もいくつかの謡曲を残されております。
「薪能」という言葉も、ここが「薪村」という名の村だったことに由来しています。

開山忌 (11/21)

11/21は一休禅師のご命日です。禅師の遺徳をしのんで法要が行われます。
酬恩庵の紅葉は例年、京都市内より一週間ほど早くこの日にあわしたかのように境内が真っ赤に染まります。。

除夜の鐘 (12/31)

12/31の大晦日の日に除夜の鐘つきを行います。
深夜0時のをまたいで108の鐘を打ち鳴らし新年を迎えます。